高圧洗浄機のパーツ

高圧洗浄機は運用が重要

実は高圧洗浄機選びで重要なのが保守についてです。
高圧洗浄機は、他の家電と異なり、パーツにガタがくるのが早いのが特徴です。
なぜかというと元々高圧洗浄機は、プロの清掃業者を相手に開発された業務用のものが中心だったのですが ケルヒャーが家庭用を販売しだして以降一般家庭に普及していった経緯があります。 元々業務用として出発したため、他の業務用工業機械と同じく、メンテナンスありきの設計思想となっています

なぜ高圧洗浄機は壊れるのか

高圧洗浄機は、水に強力な負荷をかけてキャビテーション現象を起こします。キャビテーションは、水の中に小さな 泡が発生し、それらがぶつかり、破裂する事で小さな衝撃が発生し、汚れを落としやすくしています。

この水圧は、機械及び、高圧ホース、高圧ノズル、継手、カプラーなど、にものすごい負荷がかかるため、 少しずつ消耗して、すり減り、結合部分などから水漏れを起こし、洗浄力が下がってしまいます

ですので、高圧洗浄機を選ぶ時に重要なのは、そのメーカーのパーツは購入しやすいか、高くないかということが重要です

あまりマイナーなメーカーのものを買うと、いざパーツを探そうと思っても見つからないなんておそれも考えられます。